気持ち良い引越し挨拶で、新しい生活をスタート!

悩み

誰にとっても、引っ越しは人生の節目となる大きなイベントとしてとらえられます。

 

現在ではかつてよりも近所付き合いが希薄になっている地域が目立っているものの、いざという時のためには日ごろから近所付き合いを密にしておくメリットはたくさんあります。そうした中、引っ越しの挨拶について関心を持っている人が増加してます。特に新築の一戸建て住宅を購入した場合などには近所付き合いが多かれ少なかれ重要となってくるために、しっかりと挨拶のルールを確認しておくことが望まれています。

 

引っ越しの挨拶のときには世帯の全員が近所を周ることがすすめられています。また、菓子折りや商品券などを挨拶の時に渡すことが常識のひとつとなっており、気持ちよい近所付き合いができるようにこだわることが望ましいといえます。

 

インターネット上では引っ越しをした後の近所付き合いについての体験談などがいろいろと掲載されているために、初めての引っ越しをする場合にはインターネットツールを頼ることも有効です。また、地方によっては伝統的なしきたりがあるところも残っており、そうした地域に引っ越しをする場合には失礼に当たらないようにルールを事前に把握することが必要です。


引っ越しハガキの手配はいつ?

悩み

引越しは体力、気力を使うイベントです。荷物をまとめたり、引っ越し業者とやり取りをしたりと非常にパワーを使います。

 

忘れてはいけないのが、各種の手続きですね。ガスや水道のインフラはもちろん、郵便の手続きも忘れてはいけません。郵便局まで転居届を提出しておくと、引っ越し後一年間は新住所に転送されますので、その間までに各所に新住所を提出しなければいけません。

 

身内や友人など、プライベートで付き合いのある人に対しては、引っ越しハガキでのあいさつが一般的です。引っ越し後、落ち着いたらすぐにでもハガキの手配をしておきましょう。今はネットで申し込めるサービスも充実していますし、ハガキを作るのもいいですね。大体、一か月後には手配しておきたいものです。

 

また、引っ越しが年末に近い時期の場合は、年賀はがきと一緒に報告をするのもいいでしょう。結婚と同時に引っ越しをしたのなら、結婚報告と同時に新住所を知らせてしまうのも手ですね。ハガキ作成サービスには、このような特殊な場合のひな形も豊富に揃っていますので、文面などはそちらを参考にするのがいいと思います。

 

あっという間に一年が過ぎて、転送されなくなってしまう事の無いように気をつけましょう。